ひざ下(膝下)脱毛をやるとkに注意したいポイント!

ひざ下(膝下)脱毛に関する画像

毛周期に合わせてひざ下(膝下)脱毛を行うということで、一回脱毛施術を受けた後はある程度期間を空けないといけません。これは何故なのでしょうか。

 

毛は生まれて成長しては抜け落ち、また生まれるというサイクルを繰り返しています。これが毛周期です。毛周期は体の部位によってそのスパンが異なるため、クリニックやサロンではそれを考慮した上で施術の予定を提示してくれます。

 

この毛周期に合わせて施術を行うことで、一度目の施術時にはまだ生まれていなかった毛の部分にも、二度目の施術時には効果的にダメージを与えることができるというわけです。

 

ことひざ下(膝下)脱毛においては、このような毛周期の都合上、満足のいく結果が得られるまでに年単位の期間がかかるのが一般的です。さらに脇毛脱毛をするときにも毛周期はちょっとしたストレスでもずれてしまいますから、人によっては効果を感じにくいこともあるので注意が必要です。

 

たとえばムダ毛の自己処理方法として毛抜きで抜くことは方法のひとつですが、この方法は毛周期をずらしてしまう処理方法だと言えます。まだ抜けるタイミングではない毛を無理やり抜いてしまうのですから、そのはずですね。

 

それにそれをひざ下(膝下)脱毛の代わりにやってしまうとお肌が傷ついてしまう大きな原因になってしまうので、自分でカミソリや毛抜きで対応するのはおすすめできません!

毛周期って何?

脱毛する際、毛周期ってよく言われますが何なのでしょう。毛周期と言うのは、簡単に言うと、髪の毛が成長して抜け落ちるまでの周期を指します。

 

毛周期には、細胞分裂が活発に起こって新しい髪の毛が伸びてくる成長期、細胞の活動が弱くなって成長が止まる退行期、髪の毛が抜けて新しい毛を作る準備をする休止期、という3つのサイクルがあります。

 

毛というのは、生えては抜け落ちるということを繰り返していて、この周期を毛周期と言います!

 

毛は、成長期、退行期、休止期を繰り返していて、抜け落ちたところからは新たに毛包が生え始めます。毛髪の成長期は5〜7年ほど続くと言われていて、3週間ほど退行期があり、休止期を迎えます。毛の生えかわりのサイクルが毛周期で、ムダ毛を抜いてもそれが成長期の場合、皮膚の下でスタンバイしていた新毛がすぐに生えてきます。

 

そのため、脇毛の脱毛する場合、毛周期に沿って定期的に処理していく必要があるのです。実際に皮膚表面に出ている毛は、全体の3分の1といわれていて、毛周期は、生えている部位によって異なります。一番毛周期が長いのは頭髪で、10日間に3~4ミリぐらい伸び、3~4年問で退行期に入って自然と抜け落ちていきます。

更新履歴