医療脱毛とエステの脱毛の違いは?

医療脱毛とエステの脱毛の違いに関して詳しく紹介している画像

脱毛には様々な種類があり、医療機関でしか受けられないものや、家庭用の脱毛器で手軽に行えるものまで存在します。医療機関で行える脱毛は、ニードル脱毛やレーザー脱毛といった脱毛で、医療行為に当たる脱毛です。

 

ニードル脱毛は特殊な針を毛穴に刺しこんで毛を一本一本処理していきます。レーザー脱毛は脱毛サロンやエステなどで用いられるフラッシュ脱毛と似ている仕組みで、光の力を利用した脱毛です。レーザー脱毛は、『フラッシュ脱毛よりも光の出力が大きく、より毛根の細胞や毛乳頭などに強くアプローチできる』ものです。

 

光の出力の大きさが医療行為にあたるため、エステなどでは受けることができません。出力が大きいために、フラッシュ脱毛よりも痛みを強く感じる傾向があるようです。医療脱毛はあくまでも医療行為ですので、万が一肌や体にトラブルが起こった場合でも迅速な対応が期待できます。

 

一方、エステやサロンといった医療行為でない範囲での脱毛は、『フラッシュ脱毛と呼ばれる光の出力が小さいもの』です。短時間で広範囲に処理が出来るため、リーズナブルな価格を実現させてくれています。痛みが少ないのが特徴ですが、効果はレーザー脱毛に比べると低いとされています。

 

そのため、永久脱毛をしたいのかどうかで医療かサロンを選ぶことになります!